Windows7の「勝手に全画面」を解除する

By in お知らせ on 2014年7月7日

Windows7をお使いの皆さん、ウィンドウを移動していると予期せず全画面になることがありますよね。これはAeroSnapという機能で、最初から有効になっているようです。
勝手に全画面にされちゃうのはうっとうしいですよね。そこで、この機能をOFFにする方法をお伝えしようと思います。

1.「コントロールパネル」を開いて、「コンピューターの簡単操作センター」をクリックします。

 

2.「マウスを使いやすくします」をクリックします。

 

3.「ウィンドウが画面の端に移動されたとき自動的に整列されないようにします」にチェックをして、OKボタンをクリックします。

これで、わずらわしい勝手に全画面から開放されます。お困りの方は、設定されてはいかがでしょうか。

2 thoughts on “Windows7の「勝手に全画面」を解除する

  1. 1

    お世話になります。試してみましたが、不安定で、移動しようとしてポインタをおくと全画面に勝手にかわってしまいます。
    マウスの働き、動きも不安定です。たとえばスクロールしようとしても何回かやらないとできないと気がたびたびあります。
    不具合の原因はほかにあるのでしょうか。

  2. 2

    「ウィンドウが画面の端に移動されたとき自動的に整列されないようにします」にチェックを入れても、ウインドウがディスプレイの端に近づくと全画面表示になってしまうという意味でしょうか?

    その他マウスの挙動も、上記のチェックを入れたらおかしくなり、はずしたら正常になるということでしょうか?であれば、上記の設定が原因だと思いますが、そうではないのではないでしょうか?

    コードレスマウスなどをお使いで、電池が切れそうになっているとか、マウス自体がおかしくなっているということはないですか?
    他のマウスを接続して元に戻るなら、マウスが原因ではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get Adobe Flash player